連絡の取れないワールドという消費者金融への返済はするべき?

20年くらい前からワールドという消費者金融へ返済を行っています。80万円の借入れで月々2万円の返済。20年も経つのに少しも完済の兆しが見えず、いつまで支払いを続けたらいいのか気になってきたので、意を決して電話をかけてみました。残りの元金はいくらでいつまで支払いを続けたら完済になるのかといった期間が知りたかったのです。

それなのに電話がつながりません。まさかと思って何度か時間帯を変えてかけてみたのですが、やはり電話がつながらず、この返済はどうするべきなのか悩んでいます。連絡が取れなくても返済はするべきですか?20年の間には2、3回支払いが遅れたことがありましたけど何とか毎月支払いをしました。精神的にも疲れてきましたし、そろそろ年金生活に入りますのでこれからの見通しを立てたいのです。

返済はストップ!相手の様子を見ましょう

おそらくグレーゾーン金利の借入れをしていたのでしょう。今ではグレーゾーン金利は廃止となり、払い過ぎた利息は返還請求できます。

連絡が取れないというコトですが、ワールドは倒産しているという情報もあります。そこで、もし法的破綻の場合でしたら破産法が適用されるので破産管財人という人が選出されます。そうなると残高がある債務者からグレーゾーン金利ではなく利息制限法での返済金額を出します。そこで、今まで返済してきた金額ではまだ不足しているようなら返済の請求が来ますし、返済金額を満たしていて払い過ぎているのなら過払い金返還請求権があることを知らせてくれます。

そのため返済をストップして相手の様子を見ましょう。返済をしなかったことで連絡が来たら、引き直し計算書の開示を求めましょう。引き直し計算とはグレーゾーン金利での利息計算を利息制限法での利息計算に計算し直してもらうことです。そうすることで今後いくら支払いをしたら良いのかハッキリして今後の見通しがつきますよ。

消費者金融株式会社ワールドの現在の営業は

株式会社ワールドは、かつて手広く営業を行っていた消費者金融です。CMや広告などを目にしたことがある人も多いことでしょう。しかしグレーゾーン金利の撤廃やそれに伴う過払い金変改請求の過熱化、総量規制といった法改正によって営業困難に陥りました。平成21年の5月に廃業届を提出しています。現在では返済のみを受け付けている状態です。

グレーゾーン金利撤廃以前は、実質年率29.0%程度で営業していましたので、当然過払い金が発生している、もしくは元金への充当可能な支払い済み金利が発生しているという利用者がほとんどです。しかしその申し入れに対する対応は殆ど無く、弁護士や司法書士といった専門家へ依頼した人でも、過払い金が戻る可能性はなさそうです。ごくまれに1割前後が返還されたという話しを耳にする程度となっています。残債がある人でも支払い済み過剰金利分を元金に充当すれば、債務がなくなるもしくは激減するという人もいます。しかしその手続に関してもなかなか迅速な対応は行ってきません。弁護士や司法書士からその旨を記載した書類を送りますが、それに対しても「まったく返事が来ない」というのがほとんど。「返事が来ないことは、内容を認めたであろう」ということで、支払いをストップする、こちらで利息の引直計算をした結果の残債を支払って完済とする、といった方法が取られています。

しかしこの場合には信用情報に残債がある状態として残る可能性はありますので、弁護士や司法書士へ依頼し、相談しながら行うことが理想的な形となります。現在生き残った正規の消費者金融は現行の法を厳守し、過払い金返還請求などにも対応したので生き残っているともいえます。これから先、ここまで混乱を招くような大きな法改正は、しばらくはないであろうと予測できます。自己管理はもちろん必要ですが、ある程度は安心して利用出来る消費者金融が生き残っていると考えてよいでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【即借りてください】人気度爆発!お金がほしい人の為の金融紹介 All Rights Reserved.