自己破産後に住宅ローンを組める可能性はありますか

10年前に自己破産をしています。その時は給料が月に20万円なくて400万円の借入れがあった、これから結婚をして新しい道を歩くために借金は清算したかった、などの理由から自己破産を決意しました。その後はカードローンを組もうなどと一切考えず地道に現金のみで生活をしてきました。もちろん自己破産していることは妻にも言っていたので妻も現金だけの生活に協力してくれました。

しかし、最近家族で話しをした時に「そろそろ家を購入したいね」と住宅購入の話題になりました。そこで気になるのが過去の自己破産。個人信用情報機関では、10年も経つと登録してある情報は真っ白になると聞きました。それなら自己破産後でも住宅ローンを組める可能性はあるというコトでしょうか。

自己破産をしていても住宅ローンは組めます

個人信用情報では一定の期間が過ぎると登録情報は無くなります。そうなると過去に延滞や自己破産などの金融事故のある人でも登録が無くなれば分かりません。そのためカードローンをもう一度申し込みができるようになったり、マイカーローンが組めるようになったり、もちろん住宅ローンも組めるようになります。

ただし、信用情報機関によって登録機関が異なったり、まだ取引があると見なされていると金融事故も登録されたままになっていたりするので情報の開示をしてから住宅ローンなどの新たなローンに申し込むと安心です。

そのため自己破産後でも個人信用情報機関の登録が無くなれば、自己破産をしていない人と審査が異なることはありません。住宅ローンに通るかどうかは申し込む人の年収や勤続年数、勤務先などの情報に寄りますね。

自己破産後の住宅ローンを行うにはどうすればいいいのか

総量規制が制定になりましたので、個人でお金を借りる場合は、貸金業者から借りられるお金の合計金額が原則としまして、年収の3分の1になっています。このような規制がなり、多重債務になってしまう事がケースがなくなりましたが、リストラのケースで住宅ローンを返済する事が不可能になり、住宅の売却を行っても残債務の金額が多く自己破産される場合もあります。

自己破産後では、住宅ローンを払う必要が無くなります。しかし、代わりとしまして自己破産後では持ち家や車といった高額な財産は処分されるようになっています。しかし、家の中にある家の道具と99万円以下の現金と20万円以下の預貯金などは残す事が可能になっています。全てが無くなる訳ではないですが、一度、自己破産を行ってしまうと様々なデメリットが生じるようになっています。自己破産とカードローンの返済がどうやっても無理な時は専門家である弁護士や司法書士に相談を行う必要があります。ほとんどの事務所で債務の相談は無料になっています。

自己破産は無職の人でも専業主婦の人でもできるようになっていますが、浪費とギャンブルで多額の借金を抱えてしまったケースでは、裁判所から自己破産を認めてもらえない場合が多くなっています。しかし、現在は更生中で十分に反省を行っているケースでは、情状酌量の余地があると判断され認められるケースもあります。どのような人間でも自己破産が行えると、借金を返す事が不可能になったら自己破産を安易に行ってしまうケースが増えてしまうために、ギャンブルや浪費が直接の原因になっているケースでは非常に厳しくなっています。また、家族の預金通帳や給与明細の用意をすることができたら、家族に全く知られずに自己破産を行える場合もあります。一定の期間はクレジットカードの作成を行ったり、ローン等の借り入れを行う事が不可能になります。ブラックリストに載る事になりますので、新規でのローンやクレジットカードの作成ができなくなるからです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【即借りてください】人気度爆発!お金がほしい人の為の金融紹介 All Rights Reserved.