消費者金融に申し込む時、年齢はどのくらい重要?

消費者金融でお金を借りようと思ったら年齢制限があるんですね。僕は18歳の社会人なので借り入れ出来ません。社会に出て働いてお金を稼いでいるのは同じなのに18歳だという理由だけでお金を貸してもらえないなんて不公平ではありませんか?それに高齢になってもお金って借りれないんですね。よく見るのが60歳とか65歳までとか、高齢者になった方が働けなくてお金が必要なのに借りることができないっておかしくないですか?

消費者金融に申し込む時に、年齢ってどのくらい重要なことなんですか?もしかして目安みたいなもので、融通がついたりとかするんですか?どうしてもお金が必要でも年齢がダメだからという理由で断られたりするんですか?

消費者金融で年齢は申込み条件の中でも外せない条件

消費者金融で年齢制限があるには理由があります。まず20歳未満にお金を貸さない理由。それは未成年だから。未成年には責任能力がありません。そのため保護者の同意を得ずにお金を貸した場合、保護者が払わないと言ったらそれ以上請求できないのです。逆に保護者の同意も無くお金を貸した方がいけないことになります。そのため消費者金融はお金を貸しません。消費者金融も商売ですから返ってこない可能性があるのに貸したくはないですよね。

では、反対に高齢の場合。これは退職によって収入が減ってしまうことや、死亡する可能性が高くなるから。年金を安定した収入とするところでは高齢者でもお金を貸します。しかし、年金を安定した収入としないところもあります。当然そういった金融機関では働ける年齢までしかお金を貸しません。また、高齢になると死亡するリスクが高くなります。死亡すると貸したお金の返済を求めることができなくなるので、そういったリスクを背負いたくはありませんよね。

つまり、消費者金融で年齢制限を設けているのは理由があり、消費者金融が倒産しないためにも必要なことなのです。

消費者金融には年齢制限があるのはなぜでしょうか?

消費者金融のサービスであるカードローンも、キャッシングもとても便利です。急な出費や、お金が必要になったときに、手軽に利用できますし、便利なのですが、誰でも利用することができるわけではありません。日本の制限は何かと複雑で、その複雑であることは世界的に見ても例を見ないほどです。すべての制限を統一しているわけではなく、それぞれの制限がありますので複雑です。免許証は原付免許なら16歳、車は18歳です。女性の結婚年齢は16歳ですが男性は18歳と、男女で差があります。しかし16歳の女性と恋愛をしていると未成年との恋愛ということで犯罪のトラブルに巻き込まれる場合もあります。お酒、タバコは20歳からと制限されていますし、競馬などのギャンブルも20歳からですが、競馬が学生は20歳を越えていても利用できません。

このように日本は複雑な制限がありますが、消費者金融にも年齢制限は存在しています。大半の消費者金融が制限を18歳または20歳から65歳に設定しています。中小企業、地域密着型のところは65歳以上74歳まで制限しているところもありますが、同じ金融業愛でも年齢制限が違うのはなぜなのか、それは支払い能力を見ているのです。消費者金融や金融機関は、お金を貸す相手が返済できるかどうか、支払い能力を見ています。

どこで働いていて、どれくらい年収があるのか、年収が高ければ審査に通りやすいのは、返済能力があると見込まれたからです。年の割りに稼いでいる人もいれば、年の割りに稼げない人もいますので、人により一概には言えませんが、審査では必ず返済できる能力があるかどうかを見ているのです。

消費者金融でなぜ年を見ているのか、それは返済でいるかどうかを見ているということを理解しておけば、利用するに当たって便利です。返済能力がある人は審査にスムーズに通りますので、カードローンやキャッシングなど、便利なサービスを身近で利用することができるでしょう。若いから、高齢だからではなく、年収があり、返済できるかどうかがポイントです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【即借りてください】人気度爆発!お金がほしい人の為の金融紹介 All Rights Reserved.